Webフォントが適用されるまでに、ブラウザのデフォルトフォントで表示される現象を解決できますか?

1.Webフォントが適用される前に、サイト内のテキストがブラウザのデフォルトフォントで表示されていると、適用時に画面がちらついて見えてしまうことがあります。

このちらつきを抑えるためのフェードイン機能がご利用できるようになりました。 以下のサンプルをご参照ください。(注 :セルフホスティング利用の場合は対象外)

フェードインなし: 利用タグ:引数指定なし

<script type="text/javascript" src="https://typesquare.com/accessor/script/typesquare.js?[YourID]" charset="utf-8"></script> 

Internet Explorerをお使いの方はこちらをクリックしてください(別ウィンドウが開きます)。

フェードインあり(1秒): 利用タグ:引数に「fadein=10」(1秒でフェードイン)を指定

<script type="text/javascript" src="https://typesquare.com/accessor/script/typesquare.js?[YourID]&fadein=10" charset="utf-8"></script> 

Internet Explorerをお使いの方はこちらをクリックしてください(別ウィンドウが開きます)。

※本サンプルはTypeSquareサイト内のみで動作を確認したもので、すべてのサイトでの動作を保証するものではありません。利用しようとするサイト内の他のコンテンツや閲覧環境によっては正常に動作しないことがあります。本サンプルを利用したことによって生じたいかなる損失に対して当社は一切責任を負いません。

2.スタンダードプランII、もしくは、MORISAWA PASSPORTプランをご利用の場合は、TypeSquare APIにより任意のタイミングでWebフォントを取得し、Webフォントで表示が可能となります。

詳しくはリファレンスページ内のTypeSquare JavaScript APIの「ダウンロードコールバック」をご参照ください。