スタンダードプランとセルフホスティングプランの違いを教えてください。

スタンダードプランは、簡単にWebフォントをご利用いただけるプランです。

スクリプトタグを挿入し、書体名を指定することで、サイト内に必要な文字が自動検知され、クラウド上から閲覧環境に最適なフォントが配信されます。

標準的なご利用であればスタンダードプランがおすすめです。

セルフホスティングプランは、サイトに必要なフォントをお客様ご自身でWebサーバに設置してご利用いただくプランです。サイトページを更新する度に、あらかじめサイトで使われる文字をサブセット化し直す必要があります。更新頻度の少ないサイトであればご利用いただけます。

【重要なお知らせ】

TypeSquareご利用プランの見直しに伴い、 「セルフホスティングプラン」の新規受付を2019年8月30日(金)にて終了いたしました。

また、MORISAWA PASSPORTプランのセルフホスティングにつきましても2020年2月29日(土)契約満了分の更新をもって、更新を終了いたします。

ご利用中のお客様は、契約終了日までにクラウド配信への移行をお願いいたします。
導入方法についてはこちらよりご確認ください。

※TypeSquare APIは、スタンダードプランII、MORISAWA PASSPORTプランにてご利用いただけます。