文字入力フォームへ入力した文字にWebフォントを適用できますか?

TypeSquareでは、Webページ本文であらかじめ記載された文字に対してのみ、
Webフォントを配信いたします。
ページ表示後に追加される文字に対して、Webフォントは適用されません。

また、入力された文字が、すでに配信済みの文字と未配信の文字で混在してしまうことを防ぐため、
基本的に文字入力フォームへは配信済みの文字も適用しないように設定しております。

【対処方法】

スタンダードプランII、MORISAWA PASSPORTプラン、アドバンスドプランをご利用の場合は、
TypeSquare APIにより、入力文字を含めたページの再生成を行っていただくことで
Webページ表示後、入力フォームに追加される文字へWebフォントを適用することが可能です。

※フォントが配信されるたびにPVが消化されます。PV数にご注意ください。
※プラン専用タグのバージョンを確認する方法はこちら

■新プラン専用タグ(typesquare.js v3)の場合

「フォント自動読込み」機能がご利用いただけます。
詳しくはリファレンスページをご参照ください。

■旧プラン専用タグ(typesquare.js v2)の場合

「ダイナミックリクエストCSS」「ダイナミックリクエストJSON」などで対応いただけます。
詳しくは旧リファレンスページをご参照ください。